オオイタビ(大いたび)
撮影年月日:2008/04/21 撮影場所:福岡県の志賀島海岸
 
博多湾の北に浮かぶ志賀島の外周を巡る道路脇の崖に
タマゴほどの大きさのオオイタビの花嚢が下がっていました
イチジクやガジュマルなどと近縁の植物です

最初に見かけたのは沖縄本島の海岸で
次に見たのが長崎県の野母半島の先端
さらに大分県杵築市の武家屋敷と
海岸近くの崖に多く見られるようですが
地元久留米の筑後川べりでも
大木に絡んでいるのが見られました
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー