タカサブロウ(高三郎)
撮影年月日:2001/10/27  撮影場所:福岡城址の濠端
 
福岡市中央区の福岡城址北側にあるお濠沿いの遊歩道に
頭花の直径5mmほどのタカサブロウが咲いていました
茎を切ってしばらくすると黒ずんで紙に字が書けるそうです

人の名前のような名がつけられていますが
筆や墨が買えなかったまずしい高三郎という人が
この草の茎を使って紙に文字を書いたという話に
ちなんで名付けられた名前だそうです
 
  


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー