マムシグサ(蝮草)
撮影年月日:2004/04/05  撮影場所:久留米市の高良山
 
久留米市の東部に位置する高良山は
筑後川の南側に延びる耳納山地の西端部に当たり
自然に親しむ市民の散策路として親しまれています

その高良山を走る林道の横に
マムシグサが紫褐色のかま首をもたげていました

かま首をもたげたように見える部分は花を包む仏炎包と呼ばれ
これが緑色をしているものはカントウマムシグサ
紫褐色をしているものはムラサキマムシグサと言われるようです
高良山では両者が見られます


緑色のマムシグサ
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー