モミジウリノキ(もみじ瓜の木)

撮影年月日:2007/06/06 撮影場所:福岡県うきは市の山中
 
福岡県南部に位置するうきは市の南には基盤岩の三郡変成岩類や
新生代新第三紀の火山活動で噴出された安山岩類から構成される
低い山々が広がっています

そんな標高数百bの山を縫って走る林道の脇に生えた木から
白い七夕飾りのような長さ3〜4cmの花がたくさん下がっていました

葉の形が瓜の葉に似ていることからウリノキと名付けられたようですが
この地域に分布するウリノキの葉はこのように切れ込みの深い
カエデの葉に似た形をしているのでモミジウリノキと呼ばれているようです
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー