コバノボタンヅル(小葉の牡丹蔓)

撮影年月日:2008/09/09 撮影場所:福岡県うきは市の南部
 
福岡県の南東に位置するうきは市の南部には
標高数百mの低山が広がっています

そんな林間を通る林道脇の木々に絡んで
ボタンヅルのような白い花が咲いていました

色も形も良く似た花を咲かせるセンニンソウとは
葉に切れ込みがあることで区別できます

ボタンヅルという名前の由来は
葉の形がボタンに似ているためだそうです

過去5年間ボタンヅルだと思っていたこの花ですが
他の地域で撮った写真を見た方から
コバノボタンヅルではないかとのご指摘をいただき
調べてみたところ雄しべの数がボタンヅルより多く
その先端が黒っぽくなっていること
花がボタンヅルより大きいこと
蕾の先端が尖っていることなどの特徴から
コバノボタンヅルであると確認できました(2013/09/13)

間違いを訂正することができて良かったと思います
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー