ハナイカダ(花筏)の雌花

撮影年月日:2009/04/23 撮影場所:福岡県うきは市の山中
 
福岡県の南東部に位置するうきは市の南方には
基盤岩の変成岩類や第三紀の火山岩類から構成される低山地が広がっています

そんな低山地の谷間を通る山道のそばに
ハナイカダが3mmほどの小さな花を付けていました

雄株と雌株のある雌雄異株の植物で
葉の中央に葉と同じ緑色の小さな花が咲くので気づきにくい花です

花が葉に乗っているように見えるのを筏に例えた命名で
秋になると黒い実ができます
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー