サネカズラ(実葛)の雌花

撮影年月日:2009/09/05 撮影場所:福岡県うきは市の山中
 
福岡県の南東部に位置するうきは市の南部には
変成岩類や火山岩類から構成される低山地が広がっています

そんな低山地の林道脇に延びたサネカズラの蔓に
直径1cm余りの小さなクリーム色の花が咲いていました

秋から冬にかけて赤く熟した果実は大きくて目立ちますが
この小さな花は葉の陰に隠れてほとんど目立ちません

雄花にはクリーム色の花びらに隠れた赤い球があり
一見すると赤い実のように見える
のに対し
雌花にはこのように花柱の集まった緑色の球があり
受粉すると緑色の部分が次第に大きくなって赤く熟します
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー