シロウリ(白瓜)の花と果実

撮影年月日:2009/09/27 撮影場所:福岡県久留米市の河川敷
 
昨年の冬から春先の渇水期にかけて既設の小さな堰が撤去され
石積みの床固めや護岸が設けられた中小河川の石の隙間から
ウリ科の植物が粗い毛の生えた太い蔓を伸ばし
黄色い花と薄緑色の果実を実らせていました

漬け物(奈良漬け)などに用いられるシロウリだろうと思います
夏に食べられたウリの種が護岸の隙間に流れ着き
花を咲かせて果実を実らせたのでしょう
どの程度まで大きくなるのか楽しみですが
人目につきやすい場所だけに採られてしまうかも知れません

上段の画像は直径3〜4cmの雌花で
中段の画像は長さ10cmほどに太った果実(ウリ)
下段の画像は直径3〜4cmの雄花です
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー