アレチイボクサ(荒地疣草)

撮影年月日:2016/07/28 撮影場所:久留米市の高良川土手
 
久留米市街地で筑後川に合流する中小河川の高良川は
下流域でも通常は歩いて渡ることのできる小さな川です

そんな小さな川の土手に薄紫色をした見慣れない小さな花が
咲いていることに気づいたのは一昨年(2014年)の10月でした

そのときは1株しか気づかなかったのですが
専門の方が近くを観察して群生している所を確認されました

昨年も今年も同じような場所に生えて花を咲かせているので
この付近には定着しているものと考えられます

草丈5〜15cm程度で花の直径は5〜7mmほどの小さなものなので
なかなかその存在に気づきません
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー