キキョウソウ(桔梗草)の種
撮影年月日:2003/06/01 撮影場所:久留米市の筑後川河川敷
 
キキョウソウは“ダンダンギキョウ”とも呼ばれるように
下から上に向かって次第に咲き上がっていくので
上の方には花が咲いている時でも下の方では種が出来ていますし
花を咲かせずに実のできる閉鎖花もあります

直径1.5mmほどの小さな実の側面にある窓が開いて種がこぼれ出します
種は直径0.2mmほどの小さな丸い粒のような形をしています
実の窓からこぼれ出た種は一旦は丸い葉に受け止められ
風で茎が揺れるにつれて周囲にまき散らされているようです

良く似た花を咲かせるヒナキキョウソウの実にも
キキョウソウの実と良く似た窓がありますが
葉や実はもっと細長く窓も小さいようです


ヒナキキョウソウの実
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー