カスマグサ(烏雀間草)
撮影年月日:2007/04/05 撮影場所:久留米市の筑後川河川敷
 
春になり筑後川の河川敷にマメ科の花が目立つようになりました
一番目立っている花は赤紫色のカラスノエンドウと白のシロツメクサで
このカスマグサとスズメノエンドウは小さくてほとんど目にとまりません

カラスノエンドウ(10〜15mm) より小さく
スズメノエンドウ(2〜3mm) より大きいということから
カスマグサ(4〜5mm)という名前が付けられたのだそうです
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー