タコノアシ(蛸の足)

撮影年月日:2004/10/08 撮影場所:佐賀県北茂安町の筑後川河川敷
 
筑後大堰下流の右岸側は佐賀県の北茂安町に所属しています

筑後大堰から下流の筑後川は有明海の潮汐の影響を被るために
潮の満ち干にしたがって毎日水位が上下しています
そんな水位変動を被る区間に生えているのがこのタコノアシです
ご覧の通りタコの足を逆さにしたような花序が特徴的な植物です

10月になると実になっているものが多いのですが
まだ花をつけている株も見られました
実が紅葉する頃には茹で蛸のような色になります

環境省の絶滅危惧種U類に入れられている植物ですが
この付近の環境は昔から大きくは変わっていないので
今も元気に育っているようです
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー