ホシアサガオ(星朝顔)

撮影年月日:2007/10/13 撮影場所:久留米市の筑後川河川敷
 
久留米市の市街地を流れる筑後川の河川敷は
草が芝のように短く刈り込まれて公園として利用されていますが
水辺の近くは草刈りが行われず草木の茂った部分も残されています

そんな川べりの草にからんで
薄い赤紫色をした直径15mmほどのアサガオが咲いていました

薄い赤紫色をした小さなアサガオの仲間には
ホシアサガオとベニバナマメアサガオの2種類があり
良く似ているので識別するのが容易ではありません

このホシアサガオは花の縁と中心(花筒)部が濃く
雄しべの葯が白いのが特徴です

ベニバナマメアサガオは花の中心(花筒)部が濃いものや周辺部が濃いもの
あるいは全体に淡いピンクのものなど色の濃さは様々ですが
すべて雄しべの葯が赤紫色をしているのが特徴です


ベニバナ マメアサガオ
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー