オオトキワツユクサ(常磐露草)

撮影年月日:2007/06/16 撮影場所:久留米市の筑後川河川敷
 
久留米市の市街地北部を流れる筑後川の河川敷は
草が短く刈り込まれて市民の憩いの場として親しまれています
そんな河川敷の片隅にオオトキワツユクサが白い花を咲かせていました
茎は緑色で三角形をした花の1辺が15mmほどの大きさをしています

例年なら五月に多く咲いて六月には少なくなるのですが
今年は六月中旬になってもかなり多くの花が見られます

良く似た花を咲かせる植物にトキワツユクサがありますが
花の1辺の大きさが7〜8mmとオオトキワツユクサの半分ほどで
茎が褐色をしているのが特徴です
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー