イガトキンソウ(毬吐金草)


撮影年月日:2006/12/03 撮影場所:久留米市の筑後川河川敷
 
草が短く刈り込まれて公園として利用されている河川敷の草むらに
イガトキンソウという植物が生えているのに気づいたのは
10月の草刈りが行われる直前でした

草刈りの後で場所が分からなくなってしまったのですが
その後あちこちに生えているのを見つけました

上のような画像の花が咲いた後は下の右のような状態になり
さらにその後は下の左のような形になっています
こんな形から“イガ”トキンソウという名前が付けられたのでしょう

ちなみにトキンソウという植物は
実を押すと黄色い種がニュッと出てくるので
“吐金草”と名付けられたそうです

イガトキンソウの実から黄色い種子が出てくるかどうか
まだ試してはいません
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー