チョウジタデ(丁字蓼)

撮影年月日:2007/10/07 撮影場所:久留米市の筑後川河川敷
 
この春に親水護岸工事が行われて
コンクリートブロックから緩斜面の自然石貼りに変えられた川岸に
チョウジタデがはびこって直径5〜6mmの小さな花を咲かせていました

花びらの枚数は4枚が普通ですが
このように5枚のものもしばしば見られます

水田に良く見られる雑草の一つで
稲作とともに帰化した史前帰化植物と考えられています
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー