ナガエフタバムグラ(長柄双葉葎)


撮影年月日:2007/09/22 撮影場所:久留米市田主丸町の筑後川河川敷
 
草が常に短く刈り込まれている河川敷の公園には
草丈の低いウリクサやトキワハゼの花が多く見られます

3mmほどの小さなウリクサの花を撮ろうと座り込んだところ
ウリクサと同じくらい小さな白い花が咲いているのに気づきました

初めは写真下のような5裂の花だったので何だか分かりませんでしたが
良く見るとこの花のほかはすべて上のように4裂しており
対生する2枚の葉は幅2mmで長さ2cmほどの大きさでした

フタバムグラだろうと思って調べてみると
花柄の長さが2mmほどのフタバムグラに比べて5〜6mmと長いので
ナガエフタバムグラだと分かりました

もう少し鮮明な写真を撮りたいと思って翌23日の朝に訪れたのですが
すでに大型芝刈り機によって草が芝生のように短く刈り込まれ
どこにこの花が咲いていたのかすら分からなくなっていました
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー