オオチャルメルソウ(大哨吶草)

撮影年月日:2008/05/06 撮影場所:熊本県北部の渓谷
 
新緑の季節に訪れた熊本県北部の渓谷に
ユキノシタ科のオオチャルメルソウが残り花を咲かせていました

細い花柄の先についた五角形の花盤のまわりに
枝分かれした髭のような面白い形の花びらがついています

大部分の花は終わりに近づいて下の画像のような
カップ状の実が細い柄の先についていました
この実の形がチャルメラ(ラッパ)に似ているということから
チャルメルソウの名前がつけられたそうです

チャルメルソウの仲間は九州には7種類が分布するそうですが
いずれも良く似ていてなかなか区別が難しいようです
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー