サルメンエビネ(猿面海老根)
撮影年月日:2007/06/09 撮影場所:熊本県中央の九州山地
 
熊本県南部から大分県南部にかけて延びる九州脊梁山地には
標高千〜千五百bの山々がつらなって
九州の平地や丘陵には見られない動植物が見られます

このサルメンエビネはもう花期の終わりに近く
一番上に咲いている花以外はしぼみ始めていました

深い襞のある赤褐色の唇弁を猿の顔に見立てた命名だそうです
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー