ツクバネソウ(衝羽根草)

撮影年月日:2007/06/09 撮影場所:熊本県中央の九州山地
 
熊本県南部から大分県南部にかけて延びる九州脊梁山地には
標高千〜千五百bの山々がつらなって
九州の平地や丘陵には見られない動植物が見られます

このツクバネソウはエンレイソウの近縁種で
茎の途中に4枚の葉を輪生し先端に緑色の花が1つ咲きます

今は緑色をしている子房が大きくなって黒い実になると
黒い実に4枚の羽根がついた羽根つきの羽根のように見えることから
この名前が与えられたようです

北海道の定山渓温泉にある豊平川沿いの遊歩道で
6月2日にこの花を見かけたばかりだったので
すぐに名前を思い出すことができました

この個体は草丈が10cmほどしかありませんが
条件が良ければ30〜40cmほどになるそうです
 
 


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー